トップ
2005年09月28日

白山だたちゃ豆(山形名産幻の枝豆)

カテゴリ: 旬の食材(秋) |
秋になると枝豆の季節です。

おいしい枝豆と言えば、なんと言っても白山だだちゃ豆でしょう!


だだちゃ豆とは?



 「だだちゃ」とは、庄内の言葉(方言)で お父さん と言う意味。昔、酒井藩の殿様が枝豆大好きで、枝豆を持ち寄らせては「これは、どこの だだちゃの豆だ?」と聞いたそうです。そうして、いつのまにか、庄内のこの地方では、枝豆を『だだちゃ豆』と呼ぶようになぅった というのが語源だそうです。

 「だだちゃ豆」は、鶴岡近郊のごく一部でのみ収穫される枝豆で、殆どが8月から9月上旬までの短い期間に収穫されます。この「だだちゃ豆」は、よその土壌で栽培しても、不思議なことに普通の枝豆にしかならない(味が落ちる)そうです。それ以上に手間をかけ収穫量も他の枝豆に比べて半分以下。

 なので、生産量も限定されてしまうため、「幻の枝豆」とさえよばれることもあります。 もう一つ大きな特徴は、さやのまめが2つであることですね。旬の季節には、鶴岡周辺の直売所で長蛇の列ができるとってもグルメな枝豆です。

本館:米沢牛・山形牛と山形県の特産品より抜粋


楽天でだだちゃ豆を探すにはこちらです!



枝豆ならこれも幻!

丹波黒の枝豆



兵庫県篠山の丹波黒大豆は、最近の健康ブームを背景にとっても人気のブランド大豆ですが、ちょっと早めに収穫したものは、食通もうなる高級枝豆として販売されます。

こちらも贅を尽くした丹波黒の枝豆です!



posted by momo at 09:56 | Comment(29) | TrackBack(6)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。